健康コラム

いでしたクリニックの院長、井手下久登が、健康に関する旬の話題を、さまざまなテーマで語ります。
皆さまの健やかな毎日のためにお役に立てていただければ幸いです。

自律神経のバランスをとり、代謝を良くしよう

交感神経は、体の活動を促し、副交感神経はリラックスさせる

自律神経のバランスが悪くなると、低体温になります。自律神経は、交感神経と副交感神経から成り立っています。この二つの神経は、反対の働きをしながら、体のバランスをとっています。このバランスが大きく崩くずれることを「自律神経失調症」といい、イライラ、めまい、動悸 、頭痛、耳鳴り、全身倦怠感、下痢・便秘 、肩こり、不眠などのさまざまな症状が表れます。交感神経は、体の活動を促進する神経で、車でいうとアクセルの役目を果たします。これに対し、副交感神経は、体の活動をリラックスさせる神経で、ブレーキの役目を果たします。絶えず変化する刺し 激げきに反応して、この二つの神経は、自動的に変化して、体のバランスをとっています。 自律神経は、脳( 視ししょ床う下部)の指令により、本人の意思とは関係なく、体のいろいろな場所に作用します。視床下部は、その下につながる自律神経の交感神経と副交感神経に指令を送っています。いろいろなストレス情報が、視床下部で、「ストレス」として認識されます。自律神経には、「日内リズム」があり、昼間は交感神経、夜くつろいでいるときや、眠っているときは、副交感神経が優位に働いています。食後に眠くなるのは、胃腸が働くことにより、交感神経優位だった体が、副交感神経優位に切り替わるからです。夜でも、仕事をしていれば、交感神経優位、昼寝をしていれば副交感神経優位になっています。自律神経のバランスが悪くなると、血液の流れが悪くなり、低体温になります。収縮した血管を、ドロドロした冷えた血液が流れていきます。交感神経が過剰に緊張している場合も、副交感神経が過剰に緊張している場合のいずれも、血液の流れが悪くなり、低体温になります。大きなストレスを抱かかえている人は、交感神経が過剰に緊張し、大量に「活性酸素」が発生し、血液が酸化され、いわゆる「ドロドロ血液」になります。血液がドロドロになると、血の巡りが悪くなるので低体温になります。逆に、緊張感のない生活をしていると、体は副交感神経が過剰に緊張します。副交感神経が過剰に緊張すると、血管が拡張するので、最初は血行が良くなりますが、体に緊張感がないため、血液必要量は減少し、血液の流れは滞るようになります。

代謝が良い人は心も体も元気。悪い人は、病気を引きおこす

冷えると体の代謝が悪くなります。代謝とは、「生命の維持のために、食事で取った栄養を体の中で利用し、いらなくなったものを排はい泄せつするプロセス」のことです。これによりわれわれは日々活動し、生命を維持しています。代謝には、「体の細胞の入れ替え、排泄と解毒、エネルギー生産、免疫力維持」などの生命を維持するための大切な働きがあります。代謝が良い人の特徴は、「冷えない、若く見える、太りにくい、快便、肌がつやつや、心も体も元気」などです。代謝の悪い人の特徴は、「冷えやすい、疲れやすい、体がだるい、風邪を引きやすい、便秘がち、肌荒れする、太りやすい、老けて見える」などです。われわれのほとんどの病気は、代謝が悪いために起こります。病院の検査で「心配はありません」といわれても、冷えやすい、元気がでない、風邪を引きやすい人は、代謝が低下しています。新陳代謝とは、体の細胞の入れ替え、すなわち古いものを捨てて、新しいものへと生まれ変わることです。肌の細胞は約三〇日、心臓の細胞は約二〇日、胃腸の細胞は約五日で、新しく生まれ変わります。この新陳代謝は、年齢とともに低下してきますが、高齢者でも元気な人は、新陳代謝が良いのです。新陳代謝が活発だと、体のいろいろな臓器の細胞が、適切に新しくなります。冷えると新陳代謝が悪くなり、細胞新生が悪くなってきて、傷の治りが悪くなり、肌のつやがなくなり、体がむくみます。また、古い細胞では、脂肪を燃やす力が不足してきます。 基礎代謝とは、「体を動かしていない、寝ている状態でも、呼吸をする、心臓を動かす、体温を保つなどさまざまな生命活動のために使う、生きるために最低必要なエネルギー」のことです。男女ともに基礎代謝は、十代をピークに、年齢とともに減り、四十代から急激に低下します。そのため、若いころと同じような食事をしていると、太ってきます。 基礎代謝のエネルギーを最も多く使うのは筋肉です。筋肉を増やすことで、基礎代謝を上げることができ、消費エネルギーを増やすことができます。エンジンの小さい車は、燃料を少ししか使いません。同じように筋肉の少ない体は、エネルギーを少ししか使いませんので、食べたエネルギーで使われないものがたまってきて、太ります。一日に消費されるエネルギーのうち、基礎代謝は約七〇%で、日常生活で消費される生活活動代謝は約三〇%になります。日本人の基礎代謝量は十代で、一日あたり男性約一五〇〇kcal、女性約一二〇〇kcalです。いくら運動しても、生活活動代謝は、基礎代謝の消費量には、かないません。一度体温が下がると、基礎代謝が一二%低下し、一度上がると二〇%上がります。基礎代謝が低下すると、体が冷えて、体の脂肪を燃焼しにくくなり、太りやすくなります。そのため、メタボリック症候群(肥満、糖尿病、脂質異常、高血圧)に、かかりやすくなります。その語源のメタボリズムという言葉は、日本語で「代謝」という意味です。メタボリック症候群(以下メタボ)は、日本語で代謝症候群です。メタボは、冷えなどのために、代謝が落ちて、内臓脂肪がたまり、体に病気を起こすものです。

出展:経営誌・月刊『理念と経営』 2011年6月号連載「社長・幹部の健康法」より(株式会社コスモ教育出版刊)