健康コラム

いでしたクリニックの院長、井手下久登が、健康に関する旬の話題を、さまざまなテーマで語ります。
皆さまの健やかな毎日のためにお役に立てていただければ幸いです。

酵素を増やし免疫力を上げて元気になろう

生野菜や果物を取らないと酵素不足になり病気になる

体温が一度下がると、酵素の働きは五〇%も低下し、代謝、免疫力、ホルモンバランスなどが悪くなり、体調不良の原因になります。また、酵素が不足すると、血管の中に代謝されなかったものがたまってきて、血液がドロドロになり、流れが悪くなり、体温が下がります。低体温と酵素活性低下の悪あくじゅんかん循環になります。

栄養を取り入れて体を維持したり、薬や老廃物を排出するのが代謝です。この代謝の手助けをするのが酵素です。私たちの体の中で、絶えずさまざまな代謝(化学反応)が行なわれています。古いものを排出して、新しいものを取り入れる全身の六〇兆個の、細胞の代謝をつかさどっているのが酵素です。人間の体の中に約五〇〇〇種類の酵素があり、体内のほとんどすべての生命活動に関係しています。一生に作られる酵素の量には、限りがあります。野菜や果物を取らずに、加工食品を多く取る現代人は、酵素不足になっています。車は運転する人がいないと動きません。「車が栄養素」で「運転する人が酵素」です。つまり、現代人は、酵素が不足しているので、摂取した栄養をうまく利用できていません。

酵素には、消化酵素と代謝酵素の二つがあります。この二つの酵素が、人間の生命活動のすべてを、つかさどっています。食べた物を消化酵素で消化して、次に代謝酵素で、必要な物質につくり変えます。この二つの酵素が不足すれば、体を動かしたり、食物を消化したりするなどの、すべての生命活動がうまくいかなくなります。酵素は熱に弱く、五四度以上の熱を加えると死滅します。

現代人の食生活では、多くの食べ物が加熱処理されています。そのため摂取する栄養量に比べ、酵素が不足しており、体に代謝されない栄養がたまり、肥満などのメタボになり、多くの病気を引き起こします。

体温を上げ、免疫力を上げれば、健康を保てる

体温は、免疫力に大きな影響を与えます。低体温になると免疫力は、低下します。体温が一度下がると免疫力は三〇%下がります。

免疫力とは、「疫」から「免れる力」、すなわち、自分で自分を守るために、もともと人間が生まれながらに持っている力のことで、体内に入った細菌やウイルスなど(疫)から身を守る(免)力(生体防衛機能)です。

免疫の要となる血液中の白血球は、体温が上がることで活動力が高まります。免疫を担当する(有害物質を退治する)白血球には、リンパ球・顆粒球・単球などの種類があり、それらが外界から侵入した病原菌を退治することで、病気を防いだり回復したりします。免疫力が低下すると、細菌やウイルスなどの菌から体を守れなくなり、風邪やインフルエンザなどの病気にかかりやすくなります。また、がんやアレルギーなどの病気にもかかりやすくなります。免疫力は加齢とともに低下していきます。免疫力は十歳代がピークで、四十歳代で五〇%、七十歳代には一〇%以下になります。そのため、歳をとるにつれて、病気になりやすく、治りにくくなります。体温が一度上がると免疫力が五~六倍上がります。体温が上がると、酵素の働きや代謝が良くなり、血液の中の白血球の働きが活発になり、体の中に侵入した風邪やインフルエンザなどの菌を退治し、健康を保つことができます。

出展:経営誌・月刊『理念と経営』 2011年7月号連載「社長・幹部の健康法」より(株式会社コスモ教育出版刊)